タイの冬の過ごし方

, 1月 5, 2018

 

 

 今年の日本の冬は例年以上に寒いそうですが、タイにも待ちに待った冬がやってきました!と、私が勝手に『冬』と呼ぶ、タイの今のシーズンは『乾季』です。だいたい、12~2月頃の期間で、雨はほとんど降らないし、気温も20度前後と大変過ごしやすい。日本でいえば、秋のはじめのころの、少し肌寒かったり、晴れた日は青空が空高く広がって快晴!といった時期にとても似ている。

タイの有名なお寺や市場などの観光名所は、暑い季節だと、とにかく暑くて暑くて、実はあまり楽しめないことの方が多い。だから、乾季はいろんなところに行くのに最適だし、さらに、今年は、ちびエビ子も大きくなって、あちこち走りまわる活発な1歳3か月。電車ですぐのところには、思いついたらすぐ出かけるようにしているし、ほかには、どこに行こうかなと毎日あれこれ考えている。

また、長そでや薄手のニット、セーターは、この時期しか着られないので、それもなんだかワクワクしてうれしい。一年のうち、ほとんどが半袖だけれども、クローゼットには、日本に帰るとき用か、乾季の寒い日に着る用の服が眠っていて、それらは、だったり、灰色だったり、ワインレッドだったりと、まさに冬服の色。乾季といっても、特別寒い日しか出番がないので、今日は結構寒いとなると、『よしっ!今日は冬服が着られるぞ』と意気込んで服を着る。

一昨年、ちょうど妊娠したばかりのころは、乾季真っただ中で、けっこう寒い日が続いていて、朝は布団にくるまって、それがとても心地よかった記憶がある。

そして、昨年は、なかなか涼しくならなくて、さらには蒸し暑い雨の日が続いたりして、楽しみにしていた乾季とは違って、残念だった記憶がある。

そして、今年。なかなか涼しくて快適な気温で、寒い日は、私がタイに住んでいた中で一番寒いかもしれない。さらに、寒い日は曇り空だったり、雨だったりする。いつもなら、がっかりしてしまうけれども、寒い日の雨って、なんか心地よい。そうそう、タイは雨の日は蒸し暑いのがほとんどで、寒い日の雨って空気の感じがとても日本に似ている。

日本に住んでいたころ、雨降りの日に、部屋でじっと過ごしているのを思い出して、なんだか懐かしくなった。あまりに寒いので、いつも開けっ放しの窓もしめて、長そでのシャツにズボンの部屋着を着て、ぶるぶる震えるのも、なんかいい。熱いコーヒーもいつもより、おいしいように感じて、これもまた風情がある。

そして、驚いたのが、部屋の床の冷たさ。私の部屋はタイスタイルの固くて、つるつるした、タイルっぽい素材の床。最近はタイもフローリングの部屋が増えてきたけれども、私はこのタイスタイルの床がひんやりして大好き。でも、寒い日って、ここまで床が冷たく冷えるんだと驚いた。

そんな雨降りの日が続くかと思いきや、たった一日だけで、次の日は、快晴!乾季に入ってから、快晴の日は、ちびエビ子と一緒に午前中に公園行くのが日課になっている。

公園は、早朝なら、暑い季節でも快適だけれども、仕事前にランニングをしている人がけっこういるので、危なくて自由に走りまわれない。乾季なら、9時でも、10時でも、さらに涼しい日はお昼でも、自由に走り回っても、それほど暑くない!

さらには、午前中の公園は人がほとんどいなくて、貸し切り状態。まばらにベンチに座っている人がちらほらいるだけで、広い公園のなかにいるのは、だいたい5人くらいかな。ほとんどが、タイ人以外の外国人。

タイ人は、極力、日光には当たらないようにするのが常識。肌が焼けるのを気にしているのもあるだろうし、一年中暑いのに、なんであえて、太陽がふりそそぐ時間帯に外に出るの?という感覚らしい。

この間の午前中、砂場で一人で遊んでいたハーフの男の子とお母さん。お母さんはヨーロッパの人で、『こんないい天気なのに、誰もいないのよ。信じられない』と言っていた。砂場コーナーに子ども達が集まるのが、午後4時をすぎたころで、日本だったら『そろそろ、おうちに帰るわよー』となる、7時頃は、子供であふれかえっている。

近所に住む、ちびエビ子と同い年の男の子のタイ人のお父さんと、こないだ会ったとき『最近、朝公園で遊んでるの』と教えたら、『え~、朝寒いじゃん』とびっくりされた。暑くても、涼しくても、日中はあえて外に出ないタイ人。う~ん、文化や習慣が違うとはいえ、その考えは、やっぱりもったいない。

 

子・

余志・イラストレーション