国際結婚手続き

   

 タイ人との国際結婚手続き

 

タイ人の方とご縁があって国際結婚される方は、タイトライ法律会計事務所 のサービスをどうぞご利用ください。お相手のタイ人の方にもタイ人スタッフが進行状況に合わせてわかりやすく、その都度ご説明しながら進めて参ります。  (下段にサービス価格表があります)
おふたりのスタートラインがここから始まりますように。
末永く幸せでありますように。

 

国際結婚はいうまでもなくお互いの国の法律に基づいた手続きをすることになります。日本人同士の場合なら役場に婚姻届を提出するだけで簡単に済んでしまうことが、国の異なるお相手との場合は手続きが複雑になり時間もかかってしまいます。

国際結婚の婚姻届には条件とする提出書類の収集と作成から、それらの翻訳および認証をしなくてはなりません。それをお相手のタイ国においても、要求される書類を揃えて届け出ることになります。日本語・タイ語・英語の3ヵ国語の各書類になります。

日本とタイの両国の役場で婚姻届が済めば書類上の夫婦が成立したことになります。この後は実際に結婚生活を共に送ることになるタイ人のお相手を日本に呼び寄せることになります。そこで日本の入国管理局で在留資格認定証明書申請と、バンコクの日本査証申請センター(JVAC)で日本行きビザ(査証)申請の手続きを行います。


 

 

結婚前の確認事項

①日本とタイの法的結婚要件

・タイの婚姻年齢は男女満17歳以上です。(但し裁判所が認める場合は構わない)

・タイも未成年の場合は親の同意が必要です。

・女性の離婚後再婚禁止期間は日本が6ヵ月、タイは310日です。(但し非妊娠証明書がある、禁止期間内の出産、裁判所が認める場合は構わない)

 

②お相手のタイ人の方に日本滞在歴があり諸問題のある場合

・過去にオーバーステイ(不法残留)や、不法入国、他の犯罪歴で強制送還(退去強制手続)されたことがあるか。これらは原則5年間、10年間は日本に入国することができません。麻薬や売春の場合は永久です。

・日本に不法滞在中の場合は解決方法として、自ら入管に出頭して、法務大臣に対して在留特別許可(ビザの更新ができずにオーバーステイをしているが、日本人と婚姻手続きをしたので日本で生活したい等)を願い出ます。

在留特別許可の可能性がない場合は、自ら入管に出頭して、出国命令手続きにより速やかに日本出国することで、入国できない期間が5年間から1年間に短縮されます。

・上陸特別許可(過去に退去強制で日本出国した人に対して)を認めてもらいます。必要条件として、婚姻の成立と信憑性。在留資格認定証明書交付時において、退去強制後2年以上の経過(配偶者との実子が存在する場合は、1年程度の可能性もあります)、婚姻後1年以上の経過、執行猶予付き有罪判決を受けた後の執行猶予期間の経過(配偶者との実子が存在する場合はその限りではない可能性もあります)。

 

 

タイ人との結婚生活・人生・家族の未来・ワクワクする気持ち !!
タイ人との結婚生活・人生・家族の未来ワクワクする気持ち !!

 

 

タイ人との国際結婚手続きの2通りの特徴

①最初に日本で婚姻手続きをして、そのあとタイで婚姻手続きをする方法

・日本の役場に提出する必要書類はタイ人のものがメインになります。

・日本の役場の婚姻届は、日本人当事者おひとりでできて(代理人可)、タイの役場の婚姻届は、タイ人当事者おひとりでできます。ですので、特に仕事が忙しくタイへ行くのにまとまった休暇が取れない方にお勧めです。時間や旅費の節約にもなります。

・最初に日本側の婚姻手続きをする場合において、在タイ日本大使館領事部ではできません。

 

②最初にタイで婚姻手続きをして、そのあと日本で婚姻手続きをする方法

・タイの役場の婚姻届に必要な書類(結婚資格宣言書、独身証明書)を取得するために、在タイ日本大使館領事部に提出する必要書類は日本人のものがメインになります。書類収集は役場、所属会社、公証人役場、地方法務局で準備します。

・日本人はタイに行く必要があります。在タイ日本大使館領事部で必要書類取得後に、タイの役場で婚姻届を提出します。タイの役場にて面談の条件に必要な通訳と証人は、弊社の日本人とタイ人が同行致します。 婚姻登録証取得でタイの婚姻手続きは終わり、そのあとで日本の婚姻届を在タイ日本大使館領事部、又は日本の役場で行います。(タイでの手続きに約7日間必要でしょう)

・日本人がタイ在住の場合は、最初にタイで婚姻手続きをした方がよいです。


 

翻訳とタイ外務省の認証

日本側へ提出するタイの書類は、英語に翻訳してからタイ国外務省領事局国籍認証課で認証を受けます。併せて日本語の翻訳もすることになります。

タイ側へ提出する日本の書類は、在タイ日本大使館領事部で英文書式で認証されたものをタイ語に翻訳してから、タイ国外務省領事局国籍認証課で認証を受けます。

翻訳と認証する書類には、独身証明書、住居登録証、婚姻証明書、結婚資格宣言書、婚姻登録証、出生登録証、氏名変更証、離婚登録証があります。

認証申請においては正確さが要求されチェックが厳しく、翻訳やスペルの多少のミスでさえも見つかると受理されません。慣れていない人が翻訳されると受理されるまで何度か足を運ぶことになるかもしれません。

タイ国外務省領事局国籍認証課の所在地:Department of Consular Affairs,   120 Moo 3, Soi 7, Changwattana Road, Tungsonghong, Laksi, Bangkok 10210 (政府合同庁舎、中心部から北のドンムアン空港方面)


タイ人との婚姻手続き - タイ トライ

 

タイ人との婚姻届の必要書類

※日本人側の書類の有効期限は、申請前3ヶ月以内に取得したものに限ります。

 

①最初に日本で婚姻手続きをして、そのあとタイで婚姻手続きをする方法

 

日本の役場で婚姻手続きの際の必要書類です。

タイ人の必要書類

・独身証明書(バイラプロン・コン・ソート)と申述書

タイ人の方の独身を証明する書類を役場から取得します。(英語に翻訳して、タイ外務省領事局国籍認証課の認証を受けます。日本語にも翻訳します)

本来は日本の役場が要求している書類は婚姻要件具備証明書です。この証明書には結婚する資格や、独身であること、タイ国籍の証明が記載されています。

したがって独身証明書では結婚の資格の要件を満たしていないので、タイ人当事者は要件内容を補うために本人が宣誓した申述書を作成して併せて提出します。

届け出る役場によっては、申述書の記載内容は弱冠異なる場合がありますので確認が必要です。

※タイ人当事者が日本滞在中の場合は、在日タイ大使館でのみ発行される婚姻要件具備証明書を本人申請で取得できます。

 

・住居登録証(タビアンバーン)のコピー

戸籍謄本にあたり、タイ国籍を証明する書類です。(英語に翻訳して、タイ外務省の認証を受けます。日本語にも翻訳します)

 

その他のケースバイケースで必要な書類

・パスポートのコピー ・身分証明書(IDカード)のコピー。

以下の証明書3点は、英語に翻訳して、タイ外務省の認証を受けます。日本語にも翻訳します。

・出生登録証のコピー・・生まれた際に役場で発行される証明書です。

・氏名変更証のコピー・・タイ人は簡単に名前を変えることができますので、出生登録証の名前と合わなくなります。それを証明するための書類です。

・離婚登録証のコピー・・現在において独身であることを証明するための書類です。女性の場合は再婚禁止期間が310日間経過しているか。

 

日本人の必要書類

・戸籍謄本・・本籍地役場で婚姻届をする場合は不要です。

・婚姻届・・タイ人はタイ語の楷書体で署名をすること。

日本の役場に申請して、婚姻届が受理されると約1週間~2週間程で新戸籍が編成されます。タイ人との婚姻が戸籍謄本の記載事項欄に記載されます。

これで日本での婚姻手続きは完了しましたので、次はタイでの婚姻手続きになります。

 

タイの役場に婚姻届をするにあたって、まずは在タイ日本大使館領事部で認証された英文の婚姻証明書の申請をします。取得後はこれをタイ語に翻訳してタイ外務省の認証を受けます。

必要書類

・証明発給申請書

・戸籍謄本・・英文証明書作成のために名前・本籍地・婚姻地にフリガナかアルファベットで読み仮名を明記してください。

・タイ人の身分証明書(IDカード)(原本とコピー)

・タイ人の住居登録証(原本とコピー)

・タイ人のパスポート(原本とコピー)

・委任状・・日本人当事者が申請に行かない場合。(申請・交付時ともに代理人可)

 

いよいよタイの役場(住民登録役場でなくてもよいです)に婚姻届として、婚姻証明書を提出します。受理されると、家族状態登記簿が作成されます。

タイ人女性の場合は敬称と姓の変更手続きが必要で、住民登録役場に60日以内に家族状態登記簿を届け出る必要があります。この際に日本人配偶者が同行しない場合は、称する氏に関する同意証明書を必要とします。この書類の申請は日本人配偶者が在京タイ王国大使館で行います。

はじめにタイで婚姻手続きをした場合は婚姻登録証が発行されますが、はじめに日本で婚姻手続きをした場合は婚姻登録証は発行されず、その代わりにタイ人の家族状態登記簿に日本人が配偶者として記載されることになります。

これで日本とタイでの婚姻手続きは完了しました。

 

②最初にタイで婚姻手続きをして、そのあと日本で婚姻手続きをする方法

タイの役場で婚姻届をするために、まずは在タイ日本大使館領事部で申請して、英文で認証を受けた結婚資格宣言書と独身証明書(結婚要件具備証明書)を取得します。申請時は代理人可ですが、交付時は日本人当事者になります。

交付された結婚資格宣言書と独身証明書は、タイ語に翻訳して、タイ外務省領事局国籍認証課の認証を受けます。

 

日本人の必要書類

・戸籍謄本・・婚姻歴がある場合は離婚事項(または死亡事項)が記載されている前の戸籍(改製原戸籍・除籍謄本等)も必要になります。独身証明書の作成のために本人・両親・本籍地・出生地に読み仮名を明記してください。

・住民票・・タイに在籍届けをしている方は必要ありません。タイ以外の場合は居住国で居住証明書を取得してください。

・在職証明書・・公証人役場で宣誓認証を受けて、その後に地方法務局で所属法務局長の認証を受けます。公務員の場合は公文書になるのでそのまま通用します。 ・タイに居住の方は、所属先で在職証明書を英語・日本語・タイ語のいずれかで発行してもらいます。そして労働許可証(原本とコピー)。 ・タイ以外の居住先の場合は公証人の認証を受けます。 ・無職の方は不要です。

所得証明書・・役場から発行されたもの。源泉徴収票の場合は、公証人役場と地方法務局の認証を受けます。 ・タイに居住の方は所属先で所得証明書を英語・日本語・タイ語のいずれかで発行してもらいます。 ・タイ以外の居住先の場合は、公証人の認証を受けます。 ・無職の方は不要です。

・パスポート(原本とコピー)

・証明発給申請書

・結婚資格宣言書の作成にあたっての質問書

・委任状・・代理人申請の場合

 

タイ人の必要書類

・身分証明書(IDカード)(原本とコピー)

・住居登録証(原本とコピー)・・住所、本人、本人変更事項のページのコピー。

・パスポート(原本とコピー)・・未取得の場合は不要です。

 

次の書類に核当する場合は必要です。

・離婚登録証(原本とコピー)・・婚姻歴がある場合

・氏名変更証(原本とコピー)・・氏名の変更がある場合

・子供の出生登録証(原本とコピー)・・婚姻歴はないが子供がいる場合

 

 

タイの役場で婚姻届をします。(住民登録役場でなくてもよいです)代理人不可。

タイ人の必要書類

・身分証明書(IDカード)

・住民登録証のコピー

・離婚登録証

 

日本人の必要書類

・パスポートのコピー

・結婚資格宣言書(英語・タイ語のタイ外務省の認証済み)

・独身証明書(英語・タイ語のタイ外務省の認証済み)

 

※役場によっては必要事項に追加がありますので、事前確認が必要です。

※タイの役場にて面談の条件に必要な通訳と証人は、弊社の日本人とタイ人が同行致します。

 

 

婚姻届が受理されると婚姻登録証が発行されます。

タイ人女性の場合は敬称と姓の変更手続きが必要で、住民登録役場に60日以内に婚姻登録証を届け出る必要があります。この際に日本人配偶者が同行しない場合は、称する氏に関する同意証明書を必要とします。この書類の申請は日本人配偶者が在京タイ王国大使館で行います。

これでタイでの婚姻手続きは完了です。

 

 

日本で婚姻手続き

3ヵ月以内に、在タイ日本大使館領事部か日本の役場のどちらかに届け出ることになります。2通りの違いは戸籍に婚姻事実が記載されるまでの期間です。前者なら1~2ヵ月、後者なら1~2週間かかります。

 

在タイ日本大使館領事部に届け出る場合の必要書類

・婚姻届・・タイ人はタイ語の楷書体で記名

・戸籍謄本・・2~3通(本籍地を移す場合)

・婚姻登録証(原本とコピーと日本語の翻訳)

・タイ人の住居登録証(原本とコピーと日本語の翻訳)

 

日本の役場に届け出る場合の必要書類

・婚姻届・・タイ人はタイ語の楷書体で記名

・戸籍謄本・・本籍地役場の場合は不要です。ただし本籍地を移す場合は必要です。

・婚姻登録証(原本とコピーと日本語の翻訳)

・タイ人の住居登録証(原本とコピーと日本語の翻訳)

 

これで日本での婚姻手続きが完了しました。
タイ人との国際結婚手続き - タイ トライ法律会計事務所

 

在留資格認定証明書交付申請手続と、日本行きビザ申請手続

両国での婚姻手続きを終えて夫婦になられて1つの山場を越えましたが、日本で結婚生活を希望される場合はタイ人配偶者の長期的な滞在許可申請という、もう1つの大きな山場を越える必要があります。これは結婚しているからということとは別物で容易くはありません。

通常は在留資格認定証明書取得の後に、日本行きのビザ(在留資格認定証明書に基づく査証)を申請します。逆の順序で日本行きビザ(日本人の配偶者として短期滞在査証)で渡航した後に在留資格変更許可申請でも可能です。

前者の場合はビザ申請の際に、事前に日本で審査をして法務大臣から適合性を認定されている者というのが明らかなので、短期間の審査でビザがスムーズに発給されやすいです。また空港での入国管理官による上陸審査もスムーズに行われます。後者の場合だとビザ発給の審査に時間がけっこうかかったり、せっかく日本へ渡った後でも在留資格変更が許可されないリスクがあり、日本での将来生活設計が確実ではありません。

 

在留資格認定証明書交付は法務省管轄で、移住地管轄の入国管理局で申請手続きをします。入念な審査に1~2ヵ月間かかり、交付後は3ヵ月以内に上陸申請をしないとその効力を失います。

審査では在留資格核当性・上陸拒否事由の他、真正の結婚であることの証明として、交際期間や交際の動機など結婚に至る事実や本人事項の整合性、信憑性があることが求められます。疑義や矛盾点がある場合は不許可になります。

特に、交際期間が短い、20歳以上の年齢差、外国人との離婚歴、結婚紹介所を介しての場合などはしっかりと説明してください。

不交付の場合は、不交付通知に記載の理由を確認したり、入国管理局に直接理由を尋ねて補充すべき資料などを揃えて再度交付申請をします。

 

在留資格認定証明書取得後は、バンコクの日本査証申請センター(JVAC)で日本行きビザ(在留資格認定証明書に基づく査証)申請の手続きを行います。

最短で査証申請受付日を含めて5業務日目でビザ取得です(在留資格認定証明書があればスムーズです)。

未取得の場合はそれ以上の期間がかかり初めて日本へ渡航する、渡航目的やその他個別の事情によって追加書類の提出・面接・日本の外務省への照会等が必要となり、審査が終了した時点でJVACから連絡があります。ビザ発給拒否の場合は拒否理由の回答はなく、拒否後6ヵ月以内は同一目的のビザ申請はできません。

結婚前にタイ人のお相手を日本の実家へ招待して両親へご挨拶される場合は、観光ビザ(観光・知人訪問等の目的で短期滞在査証)の申請になります。在留期間は「15日」「30日」「90日」の3種類があります。14日以内の短期滞在での活動を目的とするタイ人は、ビザ免除になっています。

 

サービス料役所手数料期間
日本の婚姻届20,0002-3ヶ月
タイの婚姻届15,000
日本行きビザ  8,0008801ヵ月

(上記の婚姻届のサービス料には翻訳料、認証料、郵送代が含まれております)

認知届  5,000
胎児認知届  5,000
出生届  5,000
観光ビザ

(日本滞在期間90日以内)

  8,000880
離婚届10,000

 

 タイ人の方とご縁があり、おふたりがご結婚される際の手続きのお手伝いは、タイトライ法律会計事務所 にご連絡ください。
どうぞお待ちしております。

 

いつまでも幸せでありますように。

 

タイ人との婚姻・結婚手続き、入籍届けの ご相談は お気軽にどうぞ !!
タイ人との婚姻・結婚手続き、入籍届けご相談は お気軽にどうぞ !!